t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
INETA のイベントに行ってきました!

「INETA Day 2008~コミュニティパワーをリアルに体験しよう」
http://www.ineta.jp/tabid/173/Default.aspx

イベント、楽しいな~。
今回も、非常に興味深い内容ばかりでした。


私が出たセッションは以下です。

●HowToWPF アプリケーション
●Silverlight 2 が照らす明るい未来
●開発コミュニティリーダーが解説する SQL Server 2008 の新機能
●開発者のための Windows Server 2008

それぞれ、興味深かった点を紹介いたします!

「HowToWPF アプリケーション」では、WPFのデータバインディング機能に関する説明がされていました。
今まで、データバインディングって、DataGridにDataSourceを貼り付けることを指しているのだと思ってたんですが、違いました。
目からうろこ!!
コントロールがデータを読み書き(読み書きも!)する処理を、うまくUIのコードから分離する技術だったんですね!
(文章だと分かりにくいですよね。。。すみません)

この機能を使うと、データの処理と、UIの制御を綺麗に分離することが出来そうです。
ちょっと動きにクセがあって、裏の動作を理解してないとハマリそうでしたが、楽しみな技術です。


「Silverlight 2 が照らす明るい未来」は、インフラジスティックス・ジャパンさんによる、
Silverlight 2の機能を使った製品デモでした。
良かったです。Webベースで、あれだけの表現力が手に入るなんて!
Silverlight 2すごいな。これは来そうな予感。。。


個人的には、日本人がITで世界から注目を浴びるとすると
それは、オタク的に懲りまくったUIではないかと考えています。

ロジックは、合理的判断の積み重ねなので、真似しやすく競争が激しい世界です。

それに比べ、「使いやすい」「見やすい」「楽しい」といった感覚的な分野は正解が無く
非常に真似のしづらい分野であり、かつ、凝れば凝るほど深いものが出せます。
まさに日本人が得意とし、かつ、外人に真似が難しい(のではないか)という分野です。

日本が最先端のIT分野というのが欲しいですよね。



「SQL Server 2008 の新機能」に関しては
新機能がテンコ盛り過ぎて、圧倒されっぱなしでした。
終わってみて思ったのは、完成度あげてきたな~。という感じ。
2005を着実に進歩させて来た感があるというか。

法令順守とレポート機能は、地味に見えるテーマですが結構凄そうです。
誰が、どこで何をした。というログが完全にキッチリ残ったりとか。
企業さんって、そういうの気にされますよね。
で、意外とアプリに入れるのは手間だったり。

(でも、Webアプリだとコネクションプールで全員同じユーザーに見えるのでは?
と、質問してみたかったのですが時間が無く聞けませんでした。)

新しいデータ型の追加や、データ圧縮、パフォーマンスアップも期待できます。
早く使ってみたいな~。


「開発者のための Windows Server 2008」は、MSの奥主さんと、松崎さんのセッションでした。
さすが、、、プレゼンがうまい。

上手なプレゼンが見れるというだけでも、セミナー参加は意義がありますよね!
自分もプレゼンうまくなりたい!!

にしても IIS 7は、素晴らしい進化を遂げたんじゃないかな~。(ある意味、Apacheです)
そして、.net framework は、2008で、ようやくひとつの形になったな~。
ほとんどの製品が、共通の設計思想でまとまって来たと感じさせます。

ポリシーベースの管理、OSサポートのログ、リソース配分のキメ細かさ。
モジュラリティによるシンプル設計。リモートシェルでの管理の強化に法令順守と
各製品とも、共通キーワードでまとまっています。

このあたり、オープンソースとは違うベンダーならではの強みかもしれません。


2008シリーズは、本当に期待大です。
早く仕事で使ってみたいっ。





最後に、、、

1点だけ不満だったのは、、、導入にかかるコストが紹介されない点だな~。
どんなに良い機能でも、フルに使うには、実はEnterprise版のみでウン百万円です。とか言われると、ガックリきそうじゃのぅ。

日本を活性化するのは中小企業からだと思うので、安くで手に入るのであればドンドン活用していきたいところなのです。


頼みますよ~。MSさん。
お安くお願いいたします。(笑)













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。