t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
Hyper-V RCでた
Hyper-V のRCが出たようです。
Microsoft,サーバー仮想化機能「Hyper-V」のリリース候補版を公開

というわけで、早速インスコ。
インストールは、Microsoftのサイトからダウンロードして、インストールするだけの簡単セットアップ。
しかしながら、ベータ版からのアップブレードで結構ハマッテしまった・・・。

以下、自分がハマったパターンと対応策です。


ていうか英語のサイトをちゃんと読めれば、サクっと解決できた系ではありますが、、、
「もっと英語漬け」で頑張ろう・・・orz
・そもそもVMが起動しなくなる

 Hyper-V をRCにアップデートしたら、作ってたVMが起動しなくなりますた。( ´・ω・`)
 既存のVMは捨てて、新しくVMを作り直してから仮想HDDファイル(.vhd)だけ上書きで修復できます。

 あ。ここに解説があった・・。
 
・ゲストのWindows 2008 に「統合サービス セットアップ」が出来ない。

 ゲストのWindows2008 Serverに「統合サービス セットアップディスクの挿入」を行っても
 "Integration Components is already installed" とか言われて、セットアップできません。

 これに対応するには、まずゲストのWindows2008 にパッチを当てる必要があります。
 手順は以下の通りです。

 ・まず レガシーネットワークの接続を作って、ネットワークに繋ぎます。
  (手順は、こちらを参照・・・)
 
 ・インターネットに接続して、パッチをあてます。
  パッチのダウンロードは、ここから。

パッチをあてたら、普通に「統合サービス」が有効になりました。
良かったー。
(ちなみに、Win2003R2サーバーだと、パッチあてなくても統合サービスのセットアップは出来ました。)

これをやってないと、リモートデスクトップから仮想マシンのマウスをキャプチャ出来なかったりで不便なんですよね。


というわけで、Hyper-V RCにアップデートできたー。



おおっ!

管理画面が日本語にっ!!
hyper-v日本語化


ベータのころは1ヶ月ほど動かしっぱなしにしてたら、ホスト側Windowsのメモリ消費が1Gくらい増えてて、「こいつメモリリークしてんちゃうんかいな」と疑ってたんですが、これで安定稼動するかなー。

一応、パフォーマンスモニターで数字とっとこかな。(まだ疑ってる)













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。