t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
wicket-benchを入れてみました。
Eclipseにwicket-bench というプラグインを入れてみました。
ググってみても日本語情報が無くて、どうしようかと思ったのですが、、、えいやで入れてみたところプラグイン付属のWicketEditorが素晴らしいです!

"Ctrl+Alt+," または "Ctrl+Alt+." で、WebPageのJavaファイルとHtmlファイルを切り替えることが出来ます。
わおー。うれしい!

Javaファイルを開くとJava, html, preview という3つのタブがついてきて、対応するビューが用意されていることが分かります。
#下の画像の赤く囲ってるところ。

wicket-editor


Seaser2で言うところのDoltengみたいな感じやなー。(たぶん)

コンテキストメニューでWebPageを作成すると、JavaファイルとHtmlファイルの同時作成も可能です。
#テンプレートのパッケージ名が古いようで、インストール直後の状態で使うとコンパイルエラーになってしまいますが、プリファレンスから変更できるみたいです。


これは、ちょっと頑張ってWicketマスターしてみようかな~


■wicket-benchのインストール方法

http://www.laughingpanda.org/mediawiki/index.php/Wicket_Bench

詳しくは上記のリンクに書いてあるのですが、つまるところ、Eclipseのソフトウェアアップデートで、以下のサイトから取得すればオーケーです。
http://www.laughingpanda.org/svn/wicket-bench/trunk/wicket-bench-site

#私はEclipse3.3を使ってますが、無事使えました。

あとプラグインで使えそうな機能はこちら。
http://www.laughingpanda.org/~inhuman/wicket-bench/docs/features-0.4.html

英語ですが、スクリーンショットから読み取る感じで(笑)












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。