t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
Hyper-V 上の2003 サーバーのネットワーク設定してみた
Hyper-V 上にWindows 2003 R2 を入れた時に、ネットワークがつながるように設定してみました。

Hyper-Vでは、仮想マシンのネットワーク設定に以下の2ステップが必要っぽいです。

1.Hyper-V として仮想ネットワーク接続を作成しておく。
2.仮想マシンの設定で、ハードウェアとしてネットワークアダプタを追加し
  1.で作成したネットワーク接続と繋げる。

ネットワーク接続の設定を複数の仮想マシンで共用する為の方法なのかもしれないですが、最初わからなくて、2003 Serverからネットワークが接続出来なくてハマリました。。。

以下、画面キャプチャで設定箇所を解説します。
1.Hyper-V として仮想ネットワーク接続を作成しておく。

仮想マシンの Virtual Network Manager リンクをクリックします。
New Virtual network リンクをクリックすると、新しいネットワーク接続が作成できます。
ホストOSのネットワークカードを利用するには、"connection type" を "External"にして、ドロップダウンからネットワークカードを選択します。

virtual-network01.jpg

2.仮想マシンにネットワークアダプタを追加する。

実は、仮想マシンを作成するウィザードの中で、ネットワークアダプタは1つ追加されるのですが、どういうわけかWindows 2003 から見ると、そもそもハードウェアとして認識されていませんでした・・・。

で、調べてみたところ、Hyper-Vでは通常の "Network Adapter"の他に、"Legacy Network Adapter" というのも追加できることが判明。
こちらを使えば、Windows 2003からもハードウェアとして認識できました。

というわけで、仮想マシンのSettingsから "Legacy Network Adapter"を追加しています。
認識できなかった"Network Adapter"は削除してしまっても大丈夫です。


virtual-network02.jpg



3.ネットワークアダプタと接続設定を結びつける。

2の手順で追加したLegacy Network Adapter の設定を開いて、「Network:」のドロップダウンから、1で作成したネットワーク接続を選びます。

これで、仮想マシンが使うネットワークが決定します。
なるほどー。


virtual-network03.jpg



他の設定とか、まだまだ分からんこと多数。

調べないとやなー。
でも、とりあえずネットワーク繋がるように(そして、ノートPCからリモートデスクトップ接続も可能に)なったから、一安心だぜー。

ふぅぅ。

次はスナップショットを使って、Oracleをインストールした、、、と見せかけてロールバック!
みたいなことをやってみたいな。

かわむら
> 2003 Serverからネットワークが接続出来なくてハマリました。。。
全く同じ状況にはまってしまいましたが、このブログにたどり着いたおかげで解決しました!
ありがとうございました。
2010/01/06(水) 13:54:51 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。