t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
OpenID 対応サイトを作ろうとしてみる。
巷でOpenID の話が熱そうなので、試しに対応サイトを作ってみようかと。

で、ExtremeSwankという、OpenSourceのASP.NET 向けライブラリをダウンロードしてみました。
#他の言語向けライブラリは、こちら

で、上記ページにある
ExtremeSwank OpenIDControl User Control 3.0.0
っていうのをダウンロードしてみたところ、もう動作する状態のWebページまで用意されてました。

おお。。。
てっきりライブラリだけで、組み込むコード書かないとダメかと思ってた、、、
なんと便利な・・・。



ではでは、、、ということで早速、このプロジェクトをそのまま ファーストサーバのレンタルサーバーにアップして、動作確認っ

・・・・

んーーー


とりあえず、YahooとHatenaのOpenIDでログインでけた、、、
確かに凄い、、、ようなキモするが、、、

が、それ以上のユーザー情報は、こちら側では取れてない模様?
YahooやHatena側にも情報提供を許可する画面は見つからず。。。
#そもそも、OpenIDにそんな機能無いんだっけ?

ありゃ?
ログインだけ?


うーむ、、、まだOpenIDってのが、イマイチ理解できてない、、、
ニックネームぐらいは取れるのかと(勝手に)思っていたのだが、、、


明日は、サンプルコードの中を見つつ、OpenID対応サイト側で取れる情報に迫ってみたい。
もう少し中を調べてみよう。


って、内容ショボくてすんません、、、













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。