t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
マンションを買うとは・・・?
第九回 リゾートという誘惑(1) タダでリゾートマンションを買う方法 というのを読んだのですが、、、

ぐわー。怖い。

激安物件を見ると、「誰かが自殺したからとか?」とかショボイ理由しか思いつかないヘタレですが、制度的なこんなカラクリがあったとは・・・。
「知らない」ということは、つくづく恐ろしいな。。。

この記事で、理解できてなかったのは以下の点。
後で確認せねば。

●マンション購入時の資金の調達の仕方。

「別荘は住宅金融公庫が使えないが、銀行の住宅ローンなら大丈夫だろう」とあるところ。
詳しく説明できるようになっておきたい。

●ローンの計算

「年利2.55%、10年返済の固定金利で、返済額は月額1万3,000円程度である」
とあるが、、、年利x%でxxx万円借りたら、返済額は大体幾ら。みたいな計算は出来るようになりたいな。


●不動産業者のビジネスモデルざっくり

「通常、不動産の売買にあたっては、業者は売主と買主から法律の上限である3%+6万円の仲介手数料を受け取る。」あたり。
業界の常識的な部分は押さえておきたいきも。


●耐用年数と法律

「マンションの耐用年数は40年程度」、「勝手に不動産の所有権を放棄することはできない」あたりの話とか。
これも、不動産を所有する上での一般常識なのかなー?

●管理費

この話のカラクリの中心になっている管理費と管理組合。
「物件を第三者に売却しない限り、管理費の支払から逃れることはできない。」という、この拘束力の理由はどこにあるのだろうか・・・。


こわいなー。

家を買うって、ファミコンのカセット買って古くなったら売りに行くのとは訳が違うんやな・・・。
もっともっと一般常識を勉強しなくてはっ!!

頑張ります。
明日から(ダメ)












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。