t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
10ヶ月経ったので、Type ZのSSDをデフラグしてみました。
昨年7月の盆前に購入して以来、ほぼ毎日vaio Type-Zで作業して、気がつくと10ヶ月が経ちました。
時間が経つのは早いですね~。

あの頃からするとSSDの大容量化・低価格化が激しく、技術の進歩の速さを感じます。

さて、そんなSSDですが、購入当初には「デフラグしないほうが良い」という話がありました。
SSDは、素子単位で書き込み回数に物理的な限界があって、デフラグがむしろ悪影響説と
ランダムリードが早いので断片化自体がHDD程大きな問題にならない
の2点が理由だった気がします。

というわけで、私もOSが定期実行するデフラグはオフにして今日まで来たわけですが、、、



最近になって、実はSSDでもデフラグした方が良いのでは?という話を耳にするようになりました。
むお。まぢーでー?

結論:SSDだからこそデフラグは要ります。でも条件付。

SSDにおける断片化の影響について


見ていると、断片化すると特に書き込み速度に影響が出るようです。
あららあら・・・。

そして、この書き込み速度低下が、プチフリと呼ばれる現象を起こす可能性があるとか。

プチフリとは?


今のところType Zでは、速度低下や、プチフリが気になったことはありませんが、果たして実際はどうなんでしょう。
プチフリの危機が目の前まで迫っているっ?!

ということで、使用10ヶ月経ったことだしSSDをデフラグすることで、パフォーマンスがどの程度変わるのか確認してみたいと思います。

デフラグする前のType Zの使用状況ですが、ざっくりこんな感じです。
●ほぼ毎日仕事で5時間以上利用
●開発ツール、データベース、仮想環境等、インストールツールは多数
●ファイルは、小さなファイルから、HDDのイメージファイルといったGB単位のファイルまで多数あり
●購入直後から50GB程度使用

というわけで、一般の方(?)と比べるとPCの使用頻度は高く、SSD上のファイル更新頻度もそれなりに高いんじゃないかと思います。

それなりの利用状態で10ヶ月デフラグしないと、どうなってるんでしょうかっ?!


まずは、デフラグする前の状態を、パフォーマンス測定してみました。

before.jpg


次に、デフラグしてみます。
デフラグソフトには、Auslogics Disk Defrag を使ってみました。

Gigazineさんで紹介されていたやつです。

deflag-tool2.jpg


待つこと、約3時間、、、、(思ったより長いっ?!)

パフォーマンスレポートが出ましたっ


deflag-finished.jpg


17%速度が向上したと申されております。
ほほぅ。


で、パフォーマンスの方ですが、、、


after3.jpg

全体的に、5~10%前後の速度アップとなりました。


が、、、思ったほどの差にはならなかたですね。

Type Z のSSD の特徴なのか、、、はたまた、Raid 0 だからちょっと特性が違うのか、、、??
あるいは、普通に使って10ヶ月程度の断片化では、それほど顕著に速度低下にならないのか、、、??
(上記の検証ブログでは、ツールで徹底的に断片化されてたみたいなので)



うーん。。。
思ったほど数字に差が出なかった理由は、ちょっと分かりませんでした。。。


SSDはまだまだ登場したばかりなので、最適な運用が明確になるには、もう少し時間がかかるかもしれませんね。
製品もすごい勢いで進化してるし。


ということで、デフラグを頻繁にやる必要性は不明だけど、速度低下が気になりだしたらやってみる価値はありそう。という感じでしょうか。

微妙なエントリになってしまったな~。














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。