t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
Windows Azure Storage(Hands-on)
先日から翻訳を始めたWindows Azure Hands-on-Lbasですが、ようやく Azure Blob Storage まで終わりました。。。

Windows Azure Storageを使う

はふーー。
英語が得意でないので、なかなか進まないのぅ・・・


最近聞くクラウド系のサービスでは、提供されているストレージがRDBではない場合が多く、Windows Azureも例外ではありません。

#といいつつ、こういった話もチラホラ・・・(SQL Data Servicesは、またちょっと違う感じなのでしょうか・・・)
リレーショナル・クラウドの兆し
クラウドコンピューティングでリレーショナルデータベースは使えないのか?


ということで、RDBを使わないシステム設計は今まで経験したことが無かったので、この演習の翻訳は非常に楽しみでした。


が、、、蓋を開けてみると、やることの90%は完成したプロジェクトにキモの部分のコードを書き足すだけですし、書き足すコードもヘルパークラスに支援されて非常に簡単な内容になっています。

うーん、、、Blob を使う部分が見えるような、見えないような、、、
雰囲気は分かるのだが、、、

これは、ヘルパークラス内の処理を見てみないとダメだな~。



というわけで、自分の中で理解が進むにはもう少し触ってみないとダメそうです。
とりあえずは、一通り翻訳しきりたいところですが、、、




とか言ってる間に、Windows Azure SDKがアップデートされた模様・・・。まぢでー。

March 2009 CTP of the Windows Azure Tools and SDK

ぬほー。更新についていけないぃぃぃ。
Silverlight 3 ベータも出てるし、、、急がねば、、、












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。