t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
らくらく・かんたん税申告対策セミナー に行ってきました。
というわけで(?)、金曜日に 

デル株式会社主催
「2時間で解決!らくらく・かんたん税申告対策セミナー
~今日からできる業務効率改善で不況を乗り切る!~ 」


に行ってきました。

昨年、個人事業主になったので、今年は初めての確定申告になります。
白色は昔したことがあるんですが、青色(かつ、65万円控除を目指す!)は初めてということで
不安な点も多いです。

そんな折、無料ということだったので参加してきました。

確定申告時期も近づいてきたし、こういう企画はありがたいですよね。
と、期待して行ってきたわけですが、、、、?

内容は、3部構成です。

1.2時間でわかる!らくらく・かんたん確定申告~賢い節税術~(1時間)
2.これは便利!弥生会計 09 のワンポイントレッスン (40分)
3.一人でできた!安心のデータバックアップ術と外出先からのデータアクセス! (20分)

2、3は、スポンサーからの製品紹介なので、1がメインになります。


感想としては、、、うーん。ちょっとイマイチでした。
この時期なので、個人的には 1で 確定申告の申告手順に焦点をあてて、決算書の作成、65万円控除のコツ、申告の準備点なんかが知りたかったのですが、ひたすら節税ポイントの解説でした。

えー。

今、このタイミング?!
ノウハウ教わっても、2008年の決算にもう間に合わないやんっ

12月末の駆け込みテクとか、もう使えないしっ!


と、不満のブログを書きつつ、さっきのセミナーのサイトを見直してみると、、、
「(概要) 確定申告の流れ/個人と事業の経費はどう分ける/かしこく節税しよう!/個人申告と法人決算どちらが得」

ぐ、、、
た、確かにそんな内容でした、、、

し、しかし、肝心の確定申告の流れは、用紙の説明だけだった気がっ?!
概要を全部網羅するには、確かにそんな時間配分にせざるを得ないか、、、

ぐはーー自分の事前のチェックミスか、、、orz
とほほ

、、、

とまぁ、自分が期待してきた内容とは違ったのですが、ざっくりメモした内容を以下に。

■節税対策

 ・経費計算は杓子定規にやるよりは、「事業費用にかかったかどうか。」を基準に、多少大胆に申告して良いかも。

 ・費用計上は、”怪しい数字”が出ないように気をつけよう。
  #国税局では、システムを使って怪しい数字をピックアップしてから、人手で調査してるらしい。
  #前年に対して急激に売り上げが伸びている。とか
  #飲食業なのに、接待交際費の割合が高すぎる。とかとか。

 ・プライベート費用も領収書を取っておいて、プライベートと事業費用は分けてますアピールを。
  #全部経費にしちゃうから疑われる。きちっと分けてるんですと言えれば、説得力が出る。
  #趣味の釣りの費用と、経費の釣りの費用を分ける。とか。

 ・住宅ローン控除適用中の場合は、経費にしないほうが無難。とのこと。
  #良くわからないですが、調査が入りやすいのかも。

 ・寄付金控除は、意外と面白そう。
  10万円寄付したら、7万5000円くらい税が安くなるらしい。(実質2万5000円で10万寄付)
  余裕が出たら、奈良になんかしたいな。

 ・専従者給与は、(嫁が昼はパート、夜は専従者みたいな掛け持ちはダメとのこと)
  やっぱりダメか~

 ・基礎控除書き忘れに注意
  基礎控除って給与所得だけじゃなく受けれるんだ。あぶない。

 ・最近は10年に一回は税務調査が来るらしいので、10年近く調査が入ってない人は注意。
  (昔は20年に一回だったらしいけど、3年ほど前から割合が上がってるらしい)

 ・法人成りのタイミング
  帳簿の見方が厳しくなるので、注意が必要。

  個人事業主の「事業主貸」「事業主借」の超便利科目が、法人だと使えない。
  かといって、社長貸付金なんてあると利息計算の手間や、銀行の貸付審査が厳しくなったりして大変らしい。
  
  取締役の法律の責任とか、登記の責任、管理コストなんかも発生。

  節税の観点もあるけど、トータルで法人成りを判断したほうが良い。


 ・今後に向けて

  自分の自給を計算してみる。
  損益分岐点を計算する。

  が大切。とのこと。
  確かに。やってみよう。



以上でした。

あと、最後のデルの製品紹介で、「あたなのパソコンの障害によるデータ紛失を防ぎます!49800円でHome Serverを!」 みたいな展開でしたが、そのサーバーのHDDに障害対策されてないっぽかったのはどうなのかな。と、思いました。

Raid 組めないにしても、HDD2台積んでサーバー自体も定期バックアップしてます。くらいの提案を付けておいて欲しかったな。



やよい会計のほうは、なんだか駆け足で画面操作されて良くわかりませんでした。

やよいの使い方は、有償のセミナーじゃないとやはり厳しい。
#有償のやつは、以前受けたんですがハンズオン形式で操作しながら学習できて良かったです。














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。