t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
ブログレイアウト修正しましたっ
というわけで、やっとこブログレイアウトを一部修正しました!

ふぅぅ~。
この数日で、名刺を作ったり、個人事業主開業届けを出したりと、本当は書くネタがイロイロあったのですが、、、

XHTML+CSSで、個人的にヒットな本に出会ってしまい読むのに夢中でブログの更新を怠ってしまいました・・・(ダメ)

レイアウト的には、まだまだ気になる点が多々ありますが、とりあえず画面幅を広げても、コンテンツの幅が広がらないという点と、デカ過ぎたフォントが直ったので良しかな~
今後も、少しずつ直していこう。
(サイドバーは固定幅で良かった気もするし、本文は最小幅を設定したかった気もするし。)


今回は、購入した本と、こちらのサイトを参考にさせて頂いて「CSSによる3カラム(3段組)」のリキッドレイアウトというやつに挑戦してみました。

最終的には、サイトの解説が非常に分かりやすく、修正に関しては本必要なかった感じですが・・・w
サイトを作ってくれた方、ありがとう!

ちなみに、今回私が購入した本はこれです。

スタイルシート・デザイン XHTML + CSSで実践するWeb標準デザイン講座スタイルシート・デザイン XHTML + CSSで実践するWeb標準デザイン講座
(2007/02/10)
矢野 りん益子 貴寛

商品詳細を見る

※例によって、アフェリエイトになっております。良ければ、よろしくお願い致します。


この本で気に入っているのは、ページデザインをどのようにタグに展開していくのか
その思考過程がセオリー的に解説されている点です。

例えば、、、<p> タグは、どんな時に使うのか?
CSSを指定する際に、Class、id、タグ階層のうち、どれを使って対象を特定するのが良いか?
XHTMLには、どんな順番でタグを書いていくべきか?

等など、知りたかった作法が体系的に解説されています。
テクニックの紹介のみに留まらず、セオリーとして「xxという理由から、xxxを選択するほうが良いでしょう」と言い切ってくれているあたりが、非常にありがたい一冊です。

私的には、今までモヤモヤしていたかなりの部分が解決できました。
久々にCSS関連ではヒットだったな~。良かった~。

ただ、書面だとどうしても例が分かりにくくなるのが辛いところ。
本当は、書いて実際に動きを比較して見れるのが一番分かりやすいんだろうけども。

この辺は、実際に手を動かして少しずつCSSに慣れていけるサイトを作れないかなぁ。
「詰め将棋」っぽいというか、「倉庫番」っぽいというか、、、

ちょっと考えてみよう。


とりあえず、、改めてXHTML+CSS面白いです!
いぇ~い!













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。