t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
Wicketがプロパティファイルを検索する順番
※この記事で紹介した内容を、トラックバックでさらに詳しく解説頂いちゃいました!
詳しくは、こちらのリンクをご覧くださいっ!


Wicketがプロパティファイルを検索する順番 詳解@矢野勉のはてな日記


あと、自分でも「WicketのDropDownChoiceで"選択してください"を変更する方法」を別途書き直しました。

よろしければ、どうぞー。

----↓元記事、ここから----

Wicket1.3 [beta2]で、ドロップダウン(DropDownChoice)の
未選択時のデフォルト文字列「選択してください」の変更方法を調べてみました。
# Localizer.class の212行目あたりにブレークポイントつけました。

設定の変更自体は、プロパティファイルに記述することで対応できます。
仕組みは、エラーメッセージで項目名を指定する方法と同じで
プロパティファイルを使います。


ただ、使用されるプロパティファイルの名前とキー名の規約と検索の順序は、ちょっと複雑です。
今回調べてみた結果を、ざっくり以下に記述します。
(ステップ実行で確認した結果のまとめなので微妙ですが・・・)


⇒続きを読む ヽ(´ー`)ノ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。