t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
10ヶ月経ったので、Type ZのSSDをデフラグしてみました。
昨年7月の盆前に購入して以来、ほぼ毎日vaio Type-Zで作業して、気がつくと10ヶ月が経ちました。
時間が経つのは早いですね~。

あの頃からするとSSDの大容量化・低価格化が激しく、技術の進歩の速さを感じます。

さて、そんなSSDですが、購入当初には「デフラグしないほうが良い」という話がありました。
SSDは、素子単位で書き込み回数に物理的な限界があって、デフラグがむしろ悪影響説と
ランダムリードが早いので断片化自体がHDD程大きな問題にならない
の2点が理由だった気がします。

というわけで、私もOSが定期実行するデフラグはオフにして今日まで来たわけですが、、、



最近になって、実はSSDでもデフラグした方が良いのでは?という話を耳にするようになりました。
むお。まぢーでー?

結論:SSDだからこそデフラグは要ります。でも条件付。

SSDにおける断片化の影響について


見ていると、断片化すると特に書き込み速度に影響が出るようです。
あららあら・・・。

そして、この書き込み速度低下が、プチフリと呼ばれる現象を起こす可能性があるとか。

プチフリとは?


今のところType Zでは、速度低下や、プチフリが気になったことはありませんが、果たして実際はどうなんでしょう。
プチフリの危機が目の前まで迫っているっ?!

ということで、使用10ヶ月経ったことだしSSDをデフラグすることで、パフォーマンスがどの程度変わるのか確認してみたいと思います。

⇒続きを読む ヽ(´ー`)ノ
スポンサーサイト
キーボードのチャタリング対策ソフトをアップデートしました。
キーボードのチャタリングをキャンセルするソフトをアップデートしました。

変更点ですが、チャタリングの判定間隔とタスクトレイに表示されるアイコンを ini ファイルで変更できるようにしました。

ダウンロードは、こちらでございまする。

いずれも、先日ソフトを使ってくださっている方から頂いた要望を反映させて頂きました。
ありがたや、ありがたや、、、
#アイコンの方は、ちょっと微妙な仕様ですが、、、

詳しくは、ソフトに付属しているReadMe.txtをご覧ください。



元々は vaio Type Z 向けに作っていたソフトですが、仕組みはいたって単純だった為、EeePC等、他のパソコンで同様に発生するチャタリングにも使えるケースがあったようです。
#すみません。私は持ってないので検証できていません、、、

原理は単純で、Win32APIを使った標準の仕組みでOSのキーボードイベントをフックして、ある間隔以下に連続で発生する同一キー入力の2つめをキャンセルするというだけになります。


このソフトで、皆さんのチャタリングの悩みが軽減されれば幸いであります。

やったね!快適キーボードライフ!!
Type Z チャタリングキャンセラー ちょっと更新してみました。
チャタリングキャンセラーをちょっと更新してみました。
v 0.9.1 になっております。

こちらであります。

使ってくださっている方から、「ちょっとキー入力の取りこぼしが発生するかも?」と指摘を頂きました。
ありがとうございます!よもや、コメントが頂ける日が来ようとは、、、感動です・・・。
その方は、EeePCで同様のチャタリングが発生していて、それに効果があったとか。おおー。


実は、私も同じ現象が起きるような気がしていて、少しプログラムを修正して試験中でした。
ということで、指摘を頂いたのをきっかけに公開に踏み切ることにしてみました。


が、、、あっれー?
改善された気がしてたんだけど、このブログ書いてるとちょっと動きが怪しい・・・。
直ってないかな・・・(ダメ)

システムのバックグラウンドの負荷が高い時に、ちょっと判定が怪しい気がするな・・・。うーむ。。
#FC2ブログエディタは、JavaScriptでゴニョゴニョやっていて、キー入力時に負荷がかかる瞬間があるみたい。

とはいえロジックの効率を見直していて、症状が緩和されるかもしれないので、キー入力の取りこぼしが気になるという方は、お試し頂けると幸いです。
多少、ましになってるかも?

なんとも中途半端なバージョンになってしまった、、、

近々、チャタリングをキャンセルする間隔を外部ファイルで制御できるようにしたいと思います。
タスクバーのアイコンは、どうしようかな、、、消しちゃうと「終了」が選べなくなるからな~。

ブツブツ・・・


#MFCの静的リンクをやめたので、ファイルサイズはすごく小さくなりました。
#ランタイムのインストールが必要にはなっちゃいますが、、、
vaio Type Z用 チャタリングキャンセラーを公開しました。
というわけで、Type Z チャタリングキャンセラーを百蔵。サイトで公開しましたっ!

ソフトウェア公開するのって、初めてだな・・・。ドキドキ。


どなたでも、ダウンロードして無償で使って頂けます。

--- 09/02/11 追記---
作りはいたってシンプルなので、Type Z以外のパソコンでも動作します。
EeePC利用の方からも、「効果があたかも?」というお声を頂きました!ありがとうございます!
-------------------

が、VC++2008で作成したところ、、、アプリケーション実行の為に Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86) が必要になってしまいました、、、orz

すみませんが、上記ソフトウェアをダウンロード&インストールが必要となります。
(OSの再起動も必要です)

処理自体は簡単なので、C++の知識がもっとあれば、もっと小さく、何もセットアップなしで動くように作れたんだと思うんですが、、、力及ばず、残念です、、、

精進せねば、、、


昨日、今日とバリバリ使っていますが、今のところチャタリングは全く発生していません。
怪しい動作も、今のところ見つかっていません。

タスクバー2

タスクバーのZの色は、公式サイトの色をパクッテ少し控えめの色にしてシックな感じにしてみました。


Type Z は素晴らしいPCだと思います!
自宅で、会社でバリバリ開発に使っていますが、全くストレスありません。快適です!
meet-me みたいな3Dゲームも快適に動きます!

だからこそ、キーボード不具合も解消して、もっと快適にType Zライフを楽しみたい!
そんな思いで作りました。

ぜひ、ご活用頂ければ幸いです。



ただ、徹底的にテストした訳ではないので、何か不具合があるかもしれません。
不具合で、問題が発生しても申し訳ありませんが、保障できません、、、
宜しくお願い致します。
(詳しくは、Zipに含まれる使用許諾をご覧ください)


Viva! Type Zライフ!

あたたたたたぁぁぁ!!

type Z キーボードの不具合?解消ツール出来たっ!
-----
公開しました~。詳しくはこちらへ。
vaio Type Z用 チャタリングキャンセラーを公開しました。
09/01/10
-----

Type Z のキーボードのキーが連続して入ってしまう問題(チャタリングって言うらしい)の解決ツールできました!!

すごーい!快適!!!

Vaioのキーボードがこんなにすばらしいなんてっ!
全然チャタリングしな~~い

チャタリングしなかったら、押しやすさ爆発じゃな。素晴らしい!


問題改善を求めて追加購入した大容量バッテリーも、USBキーボードももう要らない!
(それはそれで、もったいないんだけど)

苦節4ヶ月、、、長かった、、、


とりあえず、こんな感じで動いてます。

タスクバー

動作としては、Windowsのキーボードイベントをフックして、20ミリ秒以下の連続する同一キー押下をキャンセルするだけの単純な処理です。
でも押しっぱなしの連続は、もちろん使えます。



これは、全国のVaio TypeZファンの皆さんにも使ってもらわなくてはっ!

ということで、ただいま公開に向けて準備中です。
あとはアイコンとマニュアルを付けるだけなので、少々お待ちを。



人生初の窓の杜デビューも夢じゃないのぅ・・・(ニヤリ)


産まれて初めてのVC++アプリだし、全然ちゃんとテストしてないけど、、、
自分で使っているので、何かあればドンドン直しますので大丈夫だよね(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。