t100のプログラミング脱出作戦

自分のプログラミング脳をプログラムにして、いつかプログラミングから脱出してやるぞっ!とか夢見ながら、日々プログラム作っていく 百野 貴博 の日記です!今は、屋号『百蔵。』として、Silverlight・WPFを追跡中です! (2007/09/30)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) top↑
XperiaでHello World
1年ぶりくらいでAndroid開発を再開しました。

今日は、Android SDKで作ったHello WorldをXperiaで動かすところまで出来たので、簡単にメモを残しておきたいと思います。
今回は、アプリが形になるところまで行きたいな!


ちなみに書籍は下記を使いつつ勉強しています。

ただ、実機へのアプリのインストールはネット経由で解説されていて、USB接続でデバッグや実機への転送部分が少し手薄だったようなので、この部分は他の方のブログを参考にさせて頂きました。

ネットの情報も本も充実していて助かりますねー。

ゼロからのAndroidアプリケーション開発入門ゼロからのAndroidアプリケーション開発入門
(2011/01/13)
鈴木 哲哉

商品詳細を見る



開発は、Windows7 32bit で行っています。

■開発環境のインストール
下記ソフトウェアをインストールしました。

- Eclipse Helios (3.6.1) の Eclipse IDE for Java Developers
- Android SDK の installer_r09-windows.exe

Eclipseのダウンロードはこちら
Android SDKのダウンロードはこちら

Android SDKはインストーラーだったので、Program Files/Android 以下にインストールされました。
Eclipse はZipを解凍して展開だったのですが、書籍が Program File 以下にコピーして解説していたので従いました。

結構珍しいパターンだなー。大体、Cドライブ直下とかが多いのに。
最近のWindowsは、権限がうるさいので Program Files以下にアプリがある倍、実は管理者権限で実行していないと正しく動きません(プログラムが自動更新できないとか)とかあって、面倒くさいですよね。

ぶつぶつ

最後に、Android SDK の tools フォルダにパスを通しておきます。


■Eclipseの環境設定

Eclipseの環境設定(Android SDKと連携するプラグインのインストール等)は、私は本を見ながらやったのですが、こちらのブログでもスクリーンショット付で詳しく解説してくださっています。

手順も私がやったのとほぼ同じです。

Android 開発環境の構築 Android SDKのインストールからXperiaの開発環境構築まで


Eclipse環境が出来てしまえば、エミュレーターでHelo Worldまではスグいけると思います。


■Xperia との接続

Xperia をUSB接続してデバッグできるようにするのも、基本的には上記サイトで書かれていた手順のとおりです。

ただ、デバッグ用のUSBドライバが、Xperia のOSを2.1 にアップデートした後ではうまく使えないみたいです。
#CDBrowser\Drivers.zip のファイルだとうまくインストールできません。

私の場合は、下記手順でUSBドライバをインストールしました。
- 管理者権限でエクスプローラーを実行し、上記Drivers.zip に含まれる DPInst.exe を実行
- インストールに失敗しましたダイアログが出るので、Windows Update を使ってドライバを探す 的なオプションを有効にする
すると、Windows Updateから適切なドライバばダウンロードされます。

■ ADB コマンドを使えるようにする。

実機を使ったデバッグや、USB経由で実機へのアプリのインストールは、Android SDKに含まれる adb というツールを使います。

このツール、今までは Android SDK の tools フォルダ以下にあったようなのですが、私が入れたSDKでは代わりに
「adb_has_moved.txt」というテキストファイルが置かれていました。(・ω・) 移動しとる。

どうも、Android SDK の platform-tools というフォルダに移動したようです。
もし、このフォルダが見当たらない場合は、SDK and AVD Manager を起動して、Android SDK Platform-tools をインストールする必要があります。
さらに、platform-tools にもパスを通しておくとよいでしょう。(adb コマンドを使うので)


とりあえず以上で、Eclipseで作成したHello World アプリがXperiaに転送できました。

#adb コマンドを使ったアプリの転送方法も、上記ブログで解説されていた通り下記コマンドでOKでした。

>adb -d install -r [作ったアプリ名].apk

おお。Xperiaに二つ目のHello Worldアプリがインストールされました。(ダメ)

実機で動くと、やはり実感がわくなー。
明日からいろんな機能を触ってみようっと。


スポンサーサイト
Hyper-V 上の2003 サーバーのネットワーク設定してみた
Hyper-V 上にWindows 2003 R2 を入れた時に、ネットワークがつながるように設定してみました。

Hyper-Vでは、仮想マシンのネットワーク設定に以下の2ステップが必要っぽいです。

1.Hyper-V として仮想ネットワーク接続を作成しておく。
2.仮想マシンの設定で、ハードウェアとしてネットワークアダプタを追加し
  1.で作成したネットワーク接続と繋げる。

ネットワーク接続の設定を複数の仮想マシンで共用する為の方法なのかもしれないですが、最初わからなくて、2003 Serverからネットワークが接続出来なくてハマリました。。。

以下、画面キャプチャで設定箇所を解説します。
⇒続きを読む ヽ(´ー`)ノ
Windows Server Core RC1をVirtual PCに入れてみた。
Virtual PCに Windows Server Core (RC1)を入れてみますた。

というわけで、Windows Server 2008 Server Core を触ってみたくて、Virtual PCに入れてみました。
インストール時のスクリーンショットはこちら。
画像デカすぎた。。。orz

http://www5.atwiki.jp/t100/pages/29.html

wikiも、なかなか上手く使えないなぁ。

キモとしては

●インストールは40分ぐらいで終わった。
 #Virtual PC上での話ですが・・・。
 #あとDVDもイメージファイルから読んだので、実際はもうちょっとかかるかも?
 #でもディスクアクセスが遅いと考えると、そんなに外して無いかも?

●メモリは512M無いと、インストーラーではじかれた。
●インストールの容量は、確かに2Gに収まった感じ。
●リモート管理は、WinRM という技術を使うとHTTP/HTTPS 経由でコマンド操作が出来るらしい。
 というのをやってみたかったんだけど時間切れ。
 
 この辺を参考にさせて頂いて、もう少し頑張りたい。
 ▼WinRM が XP や 2003 でも使えるようになりました
 
●インストール後の初期ユーザーは、Administrator でパスワードはブランク
 (パスワード設定が必須)
 http://technet2.microsoft.com/windowsserver2008/en/library/47a23a74-e13c-46de-8d30-ad0afb1eaffc1033.mspx?mfr=true
 
●シャットダウンもコマンドから。
 C:\> shutdown /s /f /d P:2:4
 

という感じか・・・。
キモはリモート管理で、どこまで出来るかですよね。

.net framework と PowerShell 使いたいなぁ。


DOSのコマンドプロンプトでフルパス表示が変更出来た件
まーぢかー。
知らんかった・・・。

何かと言うと、こういう表示のやつです。↓

C:\Documents and Settings\t100>


常にフルパスが出てるので、ディレクトリの深いところで作業すると、DOS窓の折返しの前後で作業しないといけなくなって、非常に面倒だったのですが、、、

変更できたのかYO!
⇒続きを読む ヽ(´ー`)ノ
Spring2.0でLogbackを使う
Log4Jのコンフィグファイルの書き方を調べようとWebを調べてみたら
「ていうか時代はSLF4Jでlogbackだよね!」みたいな記事に突き当たってしまった。
うおっ!まぢ?!ていうか、それ何?!

Log4Jは秀逸な出来だったし、かなり長くお世話になっていたし、いろんな言語に移植されてたから、これだけは不動だと(勝手に)思っていたのだが、、、
知らん間に、次の世代が出てきとるようだ・・・。


なんでも、Log4J 徹底解説によると、Log4Jの生みの親が、1.3の開発方針を内部で反対されたことでヤル気なくしちゃって、新たにLogbackを作り始めたのが事の経緯だとか。
頼むよ。ヤル気なくさないでくれよ。

で、SLF4JやLogbackは、以下のような位置づけのようです。
SLF4J と Logback 。

●SLF4J (Simple Logging Facade for Java) … Commons Logging の後継。
●Logback … Log4j の後継。

うーむ・・・。
また新しいフレームワーク(ライブラリ)が無造作に増えるのか。
ログくらいは、一つのライブラリを安定して進化させて欲しかった気もするが・・・。


まぁでも”長いものには巻かれろ主義”としては、時代の流れには逆らえないので(ショボ)SpringでLogbackを使う構成を調べてみました。

Spring2.0は、Commons-Loggingに依存しているので、うまいことやらないとWebアプリケーション内で複数のロガーを持つ羽目になってしまいます。
SLF4Jに用意されている、Commons-Loggingとのブリッジを使って、ロガーをLogback一つにしたいところです。
⇒続きを読む ヽ(´ー`)ノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。